辛い気持ちの時に元気になれるミュージカル映画5選

彼氏に振られて悲しい気持ちの時、試験に落ちて辛い気持ちの時、なんだか元気が出ない時そんな時に見たい歌とダンスがたっぷりの映画5選を紹介したいと思います。



1、Hair Spray(2007)

HAIR SPRAY

あらすじ:舞台は1960年代のアメリカのメリーランド州、ボルティモア。主役は上の画像真ん中のちょっと太っている女の子、トレーシー。トレーシーは歌って踊れるスターになることを夢に見ています。彼女はひょんなことから人気テレビ番組に出演することに!瞬く間にお茶の間の人気者になっていく。もともと美人でスリムで人気のあったアンバーはその活躍を面白く思っておらず、お母さんのヴェルマとコンビになり色々なトラブルを起こす!そしてアメリカ中が熱くなる「ミス・ヘアスプレー」を決める大会が迫っているがトレイシーはこのトラブルを乗り越え、ミスヘアスプレーになることができるのだろうか。というのが大まかなあらすじ

感想:少しぽっちゃりな女の子が主役の子の映画。でも歌もダンスもキレッキレ!主役だけじゃなくて他の子の歌とダンスも超かっこいい!居残りで出会った黒人の友達たちとのダンスや歌が時に最高。ドスが効いてて私は一番好き。この作品に出るまでもともとアイスクリーム屋さんでバイトしながら生活していたらしいこの主役のトレイシー役のニッキー・ブロンスキー。もともと演技の経験が一つもなかったっていうからびっくり。アメリカン・ドリームを掴めば誰でも主役になれる。そして主役がモデル体型でなくったて、魅力があれば誰でも人生輝けるって気がする映画でとっても元気になれる!大事なのは自分を認めて、自分を好きになることなんだな。って思わされます。ダンスが本当にパワフルでとーってもかっこいい映画です!キラキラした衣装にキラキラした世界観。おすすめです。あとは、人種差別の問題にも語りかけていて楽しい映画なんだけどしっかりと問題に向き合っている映画。アメリカの差別の歴史も学べるのでオススメです。

 

2、PITCH PERFECT

PITCH PERFECT

あらすじ:主人公ベッカは、DJになることを夢に見ているクールな女の子。大学入学も乗り気ではなかったが、大学生活でたくさん友達を作り人生を楽しんでもらいたいという父の援助があり、卒業しても楽しくなかったと思うらなNYでDJをするための資金を出すという理由で大学に入学。大学のシャワー室で歌っていたところをアカペラグループの「バーデン・ベラーズ」のメンバーであるクロエが発見し歌声に魅了されスカウトする。半ば強引だったがアカペラグループに入部し個性豊かな仲間と練習を重ねていくうちにベッカも本気で大会で勝ちたいと思いみんなで大会に挑む映画。

感想:この映画は大学入学と共にアカペラ部に入った女の子の話!人気の歌をカバーした曲がたくさんでノリノリになれる映画。最初はバラバラだったみんなの心が一つになっていいものを作り上げようとした時に感じる感動を感じることができます。アカペラが好きな私には最高!歌のバトルのシーンがあるんだけど私はそこがめっちゃかっこいいと思った。つぎつぎ歌が変わっていろんな曲調の歌をアカペラだけで歌う。本当に全身に鳥肌が立つくらい歌がすごい。あとは違うチームも色々でてて、そのアカペラも聞けるのでアカペラ好きな人は好きな映画だと思う。ダンスはそこまで激しくなくてミュージカルって感じはあんまりないけれど、歌、アカペラならこの映画がベストかなと思います!

 

3、High School Musical

HIGH SCHOOL MUSICAL

あらすじ:アメリカの架空の高校であるイースト高校を舞台にした、ミュージカル映画。元々はディスニーチャンネルのオリジナルムービーで作られたもの。主人公はトロイ(ザックエフロン)。トロイはバスケットボールが得意な学校の人気者。ある晩訪れたパーティーでガブリエラ(ヴァネッサ・ハジェンズ)とデュエットをすることに。そこで歌った時二人はびっくりするほど波長が合い、お互いなんだか惹かれ合うように。しかしパーティーが終わってしまいトロイはガブリエラの写真のみしか残っておらず連絡するすべがない。そんな時学校に転校生が。それはなんとガブリエラ。二人は二人で歌った時を忘れられず学校主催のミュージカルに出ようとするが・・・

感想:これは私が大学生の時に見てハマりました。笑 何歳になってもミュージカル系の映画は見ると元気をくれますね。二人の甘酸っぱい恋の様子が描かれていてキュンっとします。二人のデュエットのところは本当美しくしっとり。そして有名な廊下で踊るシーン!すごく楽しい雰囲気でバスケットボールを使ったりモップを使ったりガチャガチャしているけど高校の時のあの全てが楽しい!!!!っていう雰囲気が表現されている映画で見ながら自分もノリノリになっていることに気づきます。笑 いつでも笑顔をくれる映画です。歌も頭に残りやすいので知らない間に口ずさんでしまう、そんな歌が多いです。画面上がカラフルなのもイイ!子供も楽しめる作品。シャーペイの世界観もムカつくけど可愛いですね。

4、DREAM GIRLS

DREAM GIRLS

あらすじ:1960年代のデトロイト。仲良し3人組で結成されたドリームメッツ。町のライブハウスの出演を目標にオーディションを受ける。その時プロデュース業を行なっていたカーティス・テイラー・ジュニアの目に留まり当時大ヒットしていたジミー・サンダー・アーリーのバックコーラスにつくことに。彼についてツアーに参加することで次第に有名になっていく3人であるが、男と女の関係での問題、友情の問題にぶつかる3人を描いている。

感想:この映画を観た後に小説まで買ってしまいました。それほどハマりましたね。ダンスは多くないのですが歌がすごい。ビヨンセの歌声もすごいのですがジェニファーハドソンのAnd I am teling youがヤバイ。youtubeを入れといたのでマジで観て欲しい。この声どこから出るの!本当に体にしみる声。お気に入りの曲すぎてめっちゃ聴いてますこれ。歌詞もイイんですよね。あとは友情、男女の関係などなんだか寂しくなるけど頑張ろうって思える映画。抽象的すぎるけど観たらわかると思うのでぜひ観てください。

5、バーレスク

バーレスク

あらすじ:歌手になるという夢を叶えるためにアイオワからロサンゼルスに出てきたクリスティーナアギレラが演じるアリ。仕事を探してロスの街をさまよっていると「バーレスクラウンジ」を見つける。舞台に圧倒され、その華やかさに目を奪われたアリはウェイターに頼み込みそこのウェイターとして働かせてもらえるように。そんなアリにチャンスが。妊娠し舞台に立てなくなったダンサーの代わりにバックダンサーとして出演することに。そしてその次には、問題を起こしてばっかりいたニッキの代わりにソロで歌うことに。自分の座を奪われ怒ったニッキはBGMのコンセントを抜き音楽が流れなくなる。そこでアリはアカペラで歌い・・・

感想:このバーレスクは本当にセクシーで、艶やか。でもエロくはないんです。本当に美しいセクシーさ。そしてクリスティーナアギレラの美しさと声に聞き惚れること間違いない。表のきらびやかなショーの世界の美しさ、裏の大変さ、女同士の戦い、故郷を捨て出てきた思いなど色々な気持ちが混じっていて美しさの中にどこか寂しさを感じます。でもそこがまたイイんですね〜。クリスティーナアギレラの初主演作品がこのバーレスクなんです。田舎から夢を叶えるために大都会に出てきて成功する映画はたくさんあるけれどこれは、違う!なんか他とは違うんです。多分それがクリスティーナアギレラが出している雰囲気、世界観なのかなと思う。衣装のきらびやかさも美しい。さすがショーの世界、という感じですね。


最後に

有名な映画ばかりだったとは思いますが、全部見ている最中から見終わった後まで元気になる映画だと思います。私は嫌な時や辛い時、元気になりたい時は映画を見て主人公と自分を重ね合わせて違う世界にいる自分を楽しんでいます。皆さんも映画の世界を楽しんでくださいね。



あわせて読みたい

コメントを残す