アメリカで看護師として働くには!

私なりにリサーチしてみたのでアウトプット。アメリカで看護師として働くためにはどんな道のりを辿るのか。またどんな資格が必要なのか。



アメリカで看護師になるには

看護師の種類

アメリカでの看護師には

RN(Registered nurse)これが日本でいう正看護師。

専門看護師CNS(Clinical Nurse Specialist)。日本と同様看護師の資格を持っている人が臨床博士課程を修了し認定試験を受け合格することでなれる。

ナースプラクティショナーNP。ある程度の診断や治療なら単独で行うことができる。

麻酔看護師CRNA(Certified Registered Nurse Anesthetists)。手術麻酔や麻酔に関わる病棟対応を行う看護師のこと。アメリカでは州によっては麻酔科医がいなくても看護師が麻酔をかけたりできる。

と、いろいろな種類の看護師がいる。だいたい落ち着いている患者さんのバイタルを測るのは看護助手の仕事。だからこそ看護師は看護に集中できるようになっている。

 

看護師になるまでの流れ

          TOEIC,TOEFL資格を得る

         ↓

       CGFNSで資格認定申請

          ↓

        NCLEX合格

          ↓

  自分が申請した州で働くことができる。

IELST,TOEFLについて

IELST,TOEFLはだいたい必要とされている英語力として以下のレベルが求められる。

IELTS Over all6.0 spoken7.0、TOEFL iBT:75点以上が要求される。

 

CGENFとは

The Commission on Graduates of Foreign Nursing School(外国看護学校卒業生審議会)の略でありここは外国の看護師がアメリカの看護学校を終了せずにアメリカで働く際に看護師として適切な知識を持っているのかなどの評価、審査をする非営利団体。

ここで行うことは大きく分けて3つ。

  • CESレポート:各州から看護師に要求される英語力、高校卒業資格、日本の看護師免許、日本で終了した看護学校教育課程の条件を満たしているかどうかを評価
  • CGFNS認定プログラム:CESプロフェッショナルレポートの全ての項目の他に、CGFNSが独自に実施するテストを受験し全てに合格すれば認定される。アメリカの全ての州が要求しているわけではない。
  • ビザスクリーン:この評価はCESプロフェッショナルレポートと同等の評価を行うがNCELXに合格した後でないと申請することができない。英語力はTOEFLもしくは IELTS必須。

アメリカには50の州があり日本とは違い看護師の資格は全国ではなくその州の資格となります。各州で必要なのはこのように書かれています。

http://www.cgfns.org/support/resources/

アラバマ州だったらCGFNSのCP(Certification program)とCES(レポート)が必要。CPは看護師の知識テストと英語力の試験の二部構成になっています。中学校の評価も必要ということか。ふむふむ。

 

NCELXとは

アメリカ看護師国家試験のこと。米国看護協会が出題する試験National Council of Licensure Examinationの略。ナクレックスという。国家試験は3000問の中からランダムに出されオンライン上で75問正解すると試験終了となる。また最大265問まで出題されることがある。出題傾向は4択で内科、外科、小児科、産婦人科、精神科など多岐にわたる。平均1〜2時間で終了駿河、6時間ほどかかる人もいる。また、試験に不合格だった場合12ヶ月以内であれば4回受験することができる。またはっきりと合格不合格が分かるのは2~4週間後。不合格だった際には45日後より再度試験が受けられます。またどこが間違っていたかのレポートが届くのでこのレポートを読み、苦手対策をすることができます。ちなみに正解率80%以上で合格と言われています。

また受験を受ける際には海外の資格保有者であれば4ヶ月〜6ヶ月受験資格容認に時間がかかるので早めに申請をしなければいけません。アメリカ国内の看護学校卒業後だと2~3ヶ月で資格容認できるらしい。

 

とりあえず必要な資格だけ書きました。また有益な情報があれば書いていきますね。








あわせて読みたい

コメントを残す