アメリカで看護師になるためには〜テキスト編〜

看護師のキャリアアップ

看護師は普通の事務職のようにキャリアが進むわけではなく専門看護師、認定看護師、特定看護師になる、または看護師長になる、訪問看護師になる、色々な道があると思います。でもどれもキャリアアップなのか、キャリアを変えるのかは難しいところだと思います。



もう一つのキャリアアップ

そこで、もう一つの道にアメリカで看護師になるという道があります。日本では看護師の地位はとても低いのですがアメリカでは看護師ですというと、すごい!!頭いいのね!!という反応になります。日本は看護師不足で看護学校や大学の看護科を新しく設立しているところが多く、看護師になりたいのであればなれる環境がゴロゴロあります。難関大卒業の看護師でも、私立の専門学校を卒業した看護師でも給料はほとんど変わらないですし行為の内容も同じです。

アメリカで看護師をするメリット

また、アメリカで看護師をすると給料も全然違います。だいたい普通の看護師だと年350〜400万くらいですがアメリカでは600〜800万円になります。一年で2倍以上。それに日本は休みの日でも研修参加のため、病棟会のため病院に行かなくてはならない日もとても多いですし長期休暇なんてあると言ってないところが多いです。しかしアメリカでは時間まで働くけどそのあとはもうその後の勤務の人がやる。それが普通なのです。プライベートな時間を大事にしたいアメリカ人ならではの考えですよね。

NCLEX対策

でも、アメリカの看護師の試験は難しいんでしょ・・・という方も多いと思います。でも見つけました。ネットで勉強ができるんです。もちろん授業は英語なので英語がそもそもできる人にオススメなのがKAPLAN認定東京プレップセンターです。

オンデマンドの講座を行なっていて看護師をしながら勉強ができる。仕事を辞めて海外に行かなくても自宅で勉強ができるのでゆっくり進めたい。そう考えている方や、仕事も勉強もバリバリやるわよ!っていう方にはいい勉強法なのかなと思います。受講期間も6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月で、12ヶ月のコースでも20万以下。やっぱり留学して英語の勉強をしながら学校に通って・・よりはるかに安い。そう思うとますます惹かれますね・・・NCLEXビデオ学習コースはこちら。あ、でも入学金で26250円かかるらしい。ふむ。でも一人で机上に向かって勉強より効率よく勉強できるのかな〜とも思いますね・・・。
有名なシェーン英会話監修だから安心だしな・・・

 

実際にアメリカで看護師を目指している人

あとはアメリカで看護師を目指し学校に通っている方のコメントが見られるところも発見しましたAmericaKango 読んでいるとみんな相当苦労しているみたい。でもやりたいことに向かって頑張っている人はどこにいようが何歳だろうが何をしていようがかっこいいです。モチベーションを高めたいときに参考にさせてもらうことにします!

 

そもそもまず英語から勉強したい

そんな方にはシェーン英会話がおすすめです。

それは、スピーキングを重視しているから!英語でもなんでも、言語は話さないと覚えないが私が自ら学んで感じた事です。シェーン英会話では

この理由1にもあるようにstudent talk timeを充分に設けているんです!私も彼と付き合っていやでも会話をしなければならなくなってから急速に英語が上達しました。文法なんて実際にはそこまで大切では無いんです。相手に伝えたい気持ち、恥ずかしがらずに自分の持っているボキャブラリーの中でどのように伝えるかを学ぶことが大事なんだと思います。例え犬という単語が英語で「dog」と出てこなくても、「ほら、あの足が4本あってワンワン鳴いてみんながペットとして飼っているあれだよ!!」と伝えることができれば会話は成立するんですよ!それに、平日休みが多い看護師にとってこのコースは嬉しいし、各地に教室があるのも魅力的。


今は春のキャンペーン中なのでとりあえずお試しに通ってみるのもいいかも! 看護師って出逢いないのでこういうところでの出会いもあるのかな〜んて期待したり♩

詳細はこちら↓

あわせて読みたい

コメントを残す