アメリカで看護師になるためには〜EMSで書類郵送編〜

こんにちは、あかねです。

勉強に追われ更新ができずストップしていました💦

そんな中でもいろんな方から

ブログを見ていますと言っていただけて

私の経験が誰かのためになっていると思うと嬉しいです!

 

今日はNYSEDとCGFNSに

EMSで書類を送ったことについてです。

 

今まではEMSがコロナで再開されておらず

ずっとFedExを利用していました。

詳しくはこちら

[kanren postid=”1142″]

 

しかし、FedExは郵送がめちゃくちゃ早いのですが

なにせめちゃくちゃ高い!

1通7000円くらいかかった時もあり

EMSと比較するとその差は5000円以上。

そのため今回はEMSを使って

大学からアメリカに郵送をお願いしました。

 

アメリカ在住の私がどのように

EMSを使ったのか忘れないように記録しておきます。

 

まずは書類の準備

 

まずは送る書類を大学側に依頼します。

詳しくはこちらを参考にしてください。

[kanren postid=”1142″]

 

 

切手の準備

 

切手なのですがEMS専用の切手が必要なのかと思い

郵便局に電話して確認してみましたが

普通切手でいいとのこと。

 

そのため、学校にお願いして郵便物の重さを計測してもらい

その重さを教えてもらいました。

 

それから、郵便局に電話し、重さの確認!

私の場合

CGFNSに送付するものが570g→4340円
NYSEDに送付するものが60g→2400円

とのことで

切手は60gと1.25kg分のものを購入し学校へ送付。
購入の方法は、日本に住んでいる妹にお願いし、
4320円分の切手、2400円分の普通切手を購入してもらい
大学へ送付してもらいました。(2020年7月現在)
EMSのラベルは私がオンライン上で作り
大学にメールで送ることで、印刷し使ってもらいました。

 

郵便局から郵送

あとは、私の大学はちょっと特殊で

郵便局が同じ建物の中にあったため

担当者さんが郵便局まで書類を持って行ってくださり

発送してくれました。

 

これでFedExを使わず、

安く郵便を送ることができました😭

 

郵便局さんEMS再開してくれてありがとうございます

 

まとめ

こんな感じで日本にいる親族や友人に

お願いしなければいけないですが

確実にFedExよりも安く郵送することができました・・・

嬉しい〜!!そして、しっかり受け取ったとの連絡も

もらえたのでバッチリです!

 

また、勉強のことなどについてアップしていきますので

よろしくお願いします😀

 

[box class=”pink_box” title=”アメリカで看護師になるには”]
🌸アメリカ(NY)で看護師になりたいあなたはこちらをチェック↙️
⓵どんな道があるのかをチェック[kanren2 postid=”217″]
[colwrap] [col3]②まずはCGFNS[kanren2 postid=”1049″][/col3] [col3]③次はNotary[kanren2 postid=”1084″][/col3] [col3]④そして郵送[kanren2 postid=”1142″][/col3] [/colwrap]
[/box]

🌺インスタグラムでは毎日の勉強情報を更新しています[wp-svg-icons icon=”camera” wrap=”i”]

🌺ツイッターではNCLEXの勉強で学んだことを発信しています[wp-svg-icons icon=”bubble” wrap=”i”]

あわせて読みたい

コメントを残す