アメリカで看護師になるには〜Notary編〜

こんにちは!自由を求める看護師のあかねです!

 

知らないうちにもうすぐNCLEXの勉強を初めて3ヶ月が経とうとしています。

はや・・全然進んでいない😭そしてNCLEXの問題が変わる?ようなことが言われているので不安は募るばかり・・・

でもCGFNSの書類関係はやく終わらせないと!ということで今日はNotary終わらせました。

めちゃ簡単だったんですが、結構やるまではびびってたので流れをシェアします!

 

Notaryってなに?

 

Notaryとは公証人という意味です。NCLEX受ける時だけでなくいろんな時に使われるんですが、その人がちゃんと存在している人なのか、サインをするとき強制的にやらされているんじゃないかなどをチェックするために必要になります!

 

私の旦那の妹とお母さんもセカンドビジネス的な感じでやっているのですが、アメリカでは副収入を得るためにこの仕事をアルバイトみたいな感覚でやっている人が多いみたいですね!

 

Notaryをもらう手順

 

まずはCGFNSと連携しているNotary Camへ!

ここをクリック

 

そしたら画面下の方に行き、空白を埋めます!

✴︎私はMobile phone の電話番号は080から始まる番号だったので、+81 80・・・・と書きました!かかってくることはなかったので080で書いても良かったのかもしれませんが、上記の書き方でスルッと行けたので不安な方は参考にしてください!

✴︎Documents uploadというところにはCGFNSのページであらかじめダウンロードしておいたNotaryの書類をドラッグ。

✴︎パスポートの写真は、顔写真の部分がしっかり写るように。私はAdobe Scanというアプリを使って、iPhoneからMacbookにAirdropで移動させました!このアプリを使えば写真がPDFファイルになるのでオススメです!ここで注意なのが、のちにwebcamでNotaryをもらう時にもう一回パスポートの写真を提出しなければいけません。その時はPDFでは画像を送れないのでjpgに変換が必要です!

私はこのサイトを使いました!無料です!変換したいものをドラッグするだけ。そしてその後全てダウンロードを押す!↙️

PDF to Image

あらかじめjpgにしておくとモタモタしなくて済みます💦私はPDFからjpgに変更するのに時間がかかってしまったので

そのあとはメールが送られてくるので、いますぐNotaryを取りたい人はこのメールにそのまま返信します。違う日にやりたい人はスケジュール選べます。

私はカメラとマイクのテストを終わらせて、もう準備できてま〜すって感じの英語で送りました。

返信が来たらそこにURLが載っているのでGoogle Chromeで開きます。

そのURLを開いたらもう相手とつながっていて左側にあるチャットで会話ができます。クロームの機能で勝手に日本語に変換されてしまっていたのですがもし不安な人はその機能も使えるので安心!

自分がパスポートの写真を送ったところでカメラを使った会話がスタート。

私が聞かれたこと

フルネーム、生年月日のみ!

あとは全部使い方を教えてくれるので、画面の下までビャーーーっといって名前の入力などをするだけ。署名って言ってもオンライン上なのでキーボードで入力するだけというめちゃ簡単!

なので顔を見て話した時間は3分くらい!

手元にパスポートを置いておくことを忘れずに!

お支払い

綺麗なお姉さんとお話ししたあとはお支払い

左上にpaymentみたいなやつが出てくるのでそれクリックしてpaypal もしくはクレジットカードで支払いをします。

支払いがちゃんと済んだらメールが送られてきます!それを確認して終了!

お姉さんから直接CGFNSに送ってくれるらしいので楽!

Notaryの登録した2日後CGFNSからメールが来ていたので確認してみると、認証しました!とのこと!早い!

おわり

 

こんな感じで合計時間5分もかからなかった!

ドキドキしたけど案外簡単でした!

また色々看護師免許取得に向けての経験をシェアしていけたらと思います!

他の記事も誰かのためになるように一生懸命書いています!

読んでみてくださいね

アメリカで看護師になるには

🌸アメリカで看護師になりたいあなたはこちらを順番通りチェックしてくださいね↙️

⓵どんな道があるのかをチェック

アメリカで看護師になるためには

 

🌺インスタグラムでは毎日の勉強情報を更新していますのでこちらもフォローお願いします

🌺ツイッターのフォローはこちら

コメントを残す