日本の健康保険が使えずアメリカの病院に行かなければならなかった話。

こんにちは!自由を求める看護師のあかねです。

今日は私が膀胱炎になり、そこから学んだアメリカの看護について書いていこうと思います!

まずはことの流れなんですが土曜の夜に排尿時痛、血尿があり、なんだかフラフラするなぁと思って熱を測ったら37.5度。

 

 

 

こ、これは完全に膀胱炎だ😱

 

 

まず最初に思い浮かんだのは次の日の訪問看護の精神の算定研修😫

ラスト1日を逃してはいけない、、、明日でやっと終了証書をもらえる。なんとしてでも行かねば

 

 

と思ったのですが、意外と熱が上がってフラフラしておりさ、寒い😨

 

 

それに血尿が鮮血になってゆく、、、

 

 

って事で血尿がとまらねぇ。このまま止まんなきゃ血尿が尿管塞いで腎盂腎炎とかなっちゃうどうしようってめっちゃめちゃ考えた😹

 

 

とりあえず旦那を起こして助けて😭ってヘルプ

ちなみに今働いてるけど諸事情で健康保険に入ってなくてこれはもう旦那の保険で見てもらうしか無いという、、、

 

 

しかし、キャンプの中のクリニック🏥土日は閉まってるし電話したら熱が上がってまじヤベェってなったら近くの救急開いてるから行きなーって言われていや、そこまで行くんに2時間くらいかかるわ✋

 

 

ってなってとりあえず様子を見ることに。

水を飲みまくり、祈り、2時間おきに排尿しまくったおかげでみるみる鮮血、痛みが解消されていく😌

 

 

あ、ありがてぇ、神さまそして私の身体よ、ありがとう😊バイキンと戦ってくれたのね🙇‍♀️って普通に体に感謝。もう二度と体に悪いものは食べません。(と誓い次の日はセブンのもち麦のおにぎりと12種類の野菜の和風スープにした私偉い)

 

 

ってなわけで無事に日曜の研修は行けたのだけどまだ尿の濁り、排尿時痛があってとりあえず病院に行くことに。

 

 

はじめてのアメリカンの、病院。

まずは直接行ってもみてもらえないということで電話でうけつけ。

 

 

3回かけても出ない・・・仕方ねえ、直接行って交渉するしかない。旦那は勉強あるからいけないということで1人で乗り込む。

 

 

 

ちなみに初めてのクリニック受診で1人で対応できるか本気で不安だったけど我ながら自分頑張った。

 

 

ズンズンズン・・・っと歩いていき、インフォメーションで・・・

私(英語)「あ、あの!!3回くらい電話したんだけど電話で受付のところに繋がらなくて・・・」

おばさん「いや、担当の人部屋にいるからもう一回電話かけて。ほら、そこでかけて!」

私「い、いや、3回かけたけどでも出な・・」

おばさん「いるから電話じゃなきゃ受付できないの。さ、そっちでかけて」

 

 

やはり日本人。押し問答に弱い。部屋にいるなら呼んでこい。なんて言えず、病院で、何百メートル先にいるだろう人に電話。ちなみに英語。

 

 

そして、今回は電話に出てくれた彼女

おばさん「今回はなんで電話したの〜」

私「かくかくしかじかこんな感じでしてえ〜、まだ排尿時痛、尿の混濁があるので検査、薬が欲しいです〜」

おばさん「今日は無理だから明日の8時30分にきて」

 

 

え、今日は無理なんてことがあんのか。そして、病院に行ったのに病院の中にいるだろう人に電話し、問診も何もなく帰宅なんてこと・・・日本じゃありえない〜!!と思いながらとぼとぼ帰宅。

 

 

そして家ついたらすぐに看護師から電話がかかってきて、名前と生年月日聞かれて今検査なんにもしてないからもう一回来たら検査してあげるよーみたいな

 

 

いや、病院もう去ってるわい。なぜ電話した女の人はそこをチェックしてねえんだ。なんだこの効率の悪さ!

 

 

とりあえず早く薬をもらいたかったので検査しに行く。でも問診票とか全くないの!この病院だけなのか、それとも他の病院もそうなのかはわからないのだがこれがアメリカなのか・・・と思った。そして検査室へ。私のカードを渡すと尿検査これにして、銀色の扉の中に入れてね〜と。

 

 

 

これを渡された。最低20ml入れてね。と線がついている。

f:id:panapuu:20190128211212j:plain

 

f:id:panapuu:20190128211208j:plain

 

 

 

カップは理解したものの、この上のコブクロなんなん?

って思って質問したら、「あ、そ、それは大事なところを拭くシートが入ってるのでこれで拭いてから用たしてね。」とのこと。

 

 

に、日本と違う!

我々紙コップにしのままシャーーーってするけどアメリカ、ちゃんとふきふきするものが入っているのでした!しかも、濡れガーゼが折りたたまれて入ってるような感じ。お、面白い

 

 

そしてこの銀の中に入れるのです。

 

 

f:id:panapuu:20190128211219j:plain

 

そんで今回は検査だけ。その結果を明日の先生から聞くんだよね?って聞くと多分そうだと思いますってめっちゃ丁寧に言われて、いや多分じゃなくて確認せんのかいと思ったけどまあこんなもんなのかと思い帰宅。

 

 

そして忘れて過ごしていると

めっちゃ電話かかってきていた。仕事の電後中だったので出られなかったら旦那から電話がかかってきて、病院から電話あったよーと。

 

 

いや、どこの過保護な親みたいな対応やねん。なんで私が出なかったからって旦那にすぐ電話すんねん!!って思ったけど、話を聞いてみると

 

 

「尿検査が終わり、膀胱炎だったから薬処方しといたから今から薬局行ったら受け取れるよー。飲み方はこうでー、明日の先生の予定はキャンセルしとくからね。いいっしょ?じゃーねー。良い一日を。」ツーツーツー

 

 

え!こんな、看護師にも医者にも会わないで薬だけもらうことなんてあるのか!まじ新鮮だな。てゆーかこれ一気にできんかったんかい。と思ったがまあそんなもんなんだろうと薬局へ。

 

 

薬局もクリニックの中に入っていました〜。そして渡されたのがこの薬

じゃーーーん!!

 

 

f:id:panapuu:20190128211259j:plain

 

めちゃくちゃアメリカン。紙袋に入れちゃう感じアメリカンじゃない?ちょっとバゲット買った時に入れてくれる紙袋なんか洒落てるやん。もうこれはおしゃれカジュアル。

 

f:id:panapuu:20190128211331j:plain

しかもこの薬のボトル映画でみんな洗面所の鏡開けた後ろに置いてるボトルじゃんってテンション上がった笑

 

f:id:panapuu:20190128211358j:plain

 

これが抗生剤で、超錠剤がでかい。二度飲み込むことが必要だった。なぜタブレットがでかい。喉に突っかかるだろ。ブレスケアでももっと小さいわ。これはトラムセットか。笑 これは1日2回。

f:id:panapuu:20190128211402j:plain

そしてこれは頻尿とか排尿時痛とかに聞くお薬。1日3回とのこと。
そして振り返ってみたら、私病院にも1人でかかれるようになったんだなあと。すごく成長したなあって嬉しかった。

 

 

前はなんでも旦那について来てもらってたけど電話でも対応できるようになったし、症状も言える。わかんなかったら聞くこともできる。1年前とは大違いだなあと思い成長も感じれた病院受診でした。

 

でも、この何回も病院行かなきゃいけないシステムはもう嫌だな〜・・

 

 

コメントを残す