【看護師辞めたい】看護師で転職するなら転職サイトをお得に使おう

こんにちは、自由を求める看護師のあかねです

 

今日お話ししたいのは今働いている病院が辛いなら転職してもう一回看護って楽しい!って思える生き方をしよう!!

ということです。

 

転職する前の私

私は今までの経験として3年と4ヶ月2次救急の病院で働き、その後クリニック、訪問看護で働いた経験があります。最初の病院勤務が本当に辛かった・・・

 

結婚して職場から遠くなって通勤に1時間以上かかってたのも辛かった原因にあるのですが、日勤と夜勤の不規則な繰り返しで体にかかる負担が大きくてもうやめたい!と思う気持ちが強くなり、我慢できなくなったので意を決してやめました。

 

そして転職した今、訪問看護師としてめちゃくちゃ看護って楽しい!と初めて思い働くことができています。

 

ここでは、転職してもう一回看護って楽しい!と思える心を取り戻すための秘訣をお伝えします!それは、転職サイトを使うこと!

 

転職サイトを使う4つのメリット

 

そもそもなぜ転職サイトを使う必要があるの?というあなた!転職サイトは無料で登録できて、相談できるのがまずいいところ!他にもこんなメリットがあるのです!

 

1、時間の節約ができる!

 

ただでさえ時間のない看護師という仕事・・・日々の病棟業務に加えて、委員会や勉強会、夜勤など本当に忙しいですよね。それに辞める時には私は課長面接、副看護部長面接、看護部長面接と3回も面接をしなければならなかったです・・・

 

やっぱり、上の人たちは辞めるのを止めようとしてくるので本当に気力と体力と強いきもちが必要です!!!

 

そんな忙しい中で転職活動となるとリサーチだけでも結構時間がかかります。なので転職サイトを使って担当者さんにある程度転職したい病院やクリニックを絞り込んでもらったり面接の日程や交渉をしてもらえるのは本当に時間の節約になります!

 

2、HPやネットでは得られない医療機関の情報をたくさん知っている!

 

何百人もの看護師の転職を手伝っている転職サイトの担当者さんは病院やクリニック、訪問看護から幼稚園の看護師までいろんなところの情報を持っています!

 

私が自分で転職したいな〜と思うところの情報を調べたとしても実際にそこで働いてみた人の感想や状況などを聞くのが難しいです( ;  ; )

 

実際に、私は普通のクリニックと美容クリニックどちらにしようか悩んでいた時に私の転職サイトの担当者さんが美容クリニックに就職を決めた人とコンタクトを取って、休暇のこと、給料のこと、人間関係について確認してくれました!

 

休暇のことについては美容クリニックだと脱毛で通う人が多いため夏は結構忙しく時期をずらせば夏休みを10日くらいまとめて取れること、土日はお客さんが多いため平日であれば休み希望が通ることをすぐに確認してくれました!こんな感じで実際にそのクリニックに就職した人からの内部情報も詳しく知ることができました!

 

実際にその美容クリニックのHPの求人情報をみてみたり、ツイッターで検索をかけてそのクリニックで働いている看護師さんはいないかな・・・と探してみたのですがやっぱりそんな簡単には見つからず、担当者さんがいなかったら内部情報を確認することができなかったので本当にありがたかったです。

 

3、担当者さんと話すことで自分のやりたいこと、今後のビジョンが明確に!

 

私の場合、今の現状が辛いから辞めたいというめっちゃふわふわした理由でした。今後何をしたいのか、私が看護師としてどうなっていきたいのかというのが全然わかっていなかったです。

 

転職サイトの担当者さんと話し次の転職先を探していく中で私は常勤看護師として当たり前の不規則な日勤と夜勤のシフトが辛かったこと一人一人の患者さんとゆっくり関われる時間を持てなかったことが不満で転職する時にはここを大事にしなければいけないんだということがわかりました。

 

私のようになんとなく今の病院をやめたいなんとなく辛いという理由で転職を考えている人は多いと思いますがそのまま次のところを探してしまうと給料が高く、魅力的な求人が看護師の転職にはたくさんあるのでまた同じ失敗を繰り返してしまいます!

 

なので一度担当の転職サイトの人と話をして自分の不満に思っていること、転職した後はこういうライフスタイルを送りたい、など声に出して相談してみることで自分の中でのモヤっとしたものが言語化されるので転職先を探すときのキーワードを絞り込むことができます!

 

転職する時に自分の条件にぴったりあうところはなかなか探すのが難しいのでこれだけは外せないというキーワードが明確だと転職先探しがスムーズになります!

 

4、自分ではできない交渉を医療機関としてくれる!

 

転職サイトを使うと1から10まで全部担当者さんがすすめてくれます。面接の日にちの決定、いつから働くのか、見学はいついくのかなど全部担当者さんが病院などの医療機関と話をつけて教えてくれます!

 

自分で直接交渉できる人ならいいのですが、やっぱり病院のお偉いさんに自分から給料は最低でもこのくらい欲しいです。手当はどんな手当がつきますか。どの部署に配属して欲しいです。寮に住みたいです・・・など交渉するのはやっぱり難しいですよね。私は言えないタイプなのでこういう交渉を担当者さんが代わりにしてくれるのは本当にありがたいです!!

 

私の場合は退院支援の看護部に配置してもらえないかなども交渉してもらいました!

 

転職サイトを使うデメリット

 

もちろんいいことばかりじゃなくデメリットもあります。私が実施に使ってみて思ったデメリットは、担当者さんと合わないこと。

 

私が思っていることを伝えてもなかなか思いが伝わらなかったり、中にはしつこい人も!なのでこの人とは合わないとおもったら即座に担当者さんを変えるか、転職サイトを変えることをお勧めします!!

 

私が転職する時には色々な情報を得たかったので3〜4箇所の転職サイトに登録しました。転職サイトによっても美容クリニックや訪問看護まで幅広かったり、非常勤で働けるところをたくさん知っていたりと色々と特徴があるので一度登録していろんな人から話を聞いてみるのがお勧めです!

 

転職サイトは登録して話を聞いたりしても一切お金がかからないので色々登録してみて、情報をたくさんゲットしてから絞り込んでいくといいと思います!

 

私がオススメする転職サイト

 No.1   ジョブデポ

 

ジョブデポで転職すると、最大40万円のお祝い金がもらえます!!これめっちゃ嬉しくないですか?引越しや新生活スタートするにあたって結構お金がかかるのでこの支援があるのは大きいです。

 

他のところでも転職した後にお祝い金がもらえるところがありますがジョブデポが一番高いのでお祝い金をもらえることが最優先であればジョブデポを使うのがオススメ!

 

求人情報は少し少なめなところはあるので他のところでGETした情報を元にジョブデポで聞いてみてもいいですね。後はもう行きたい病院が決まっている人などもこのサイト経由で転職するのがお得ですね!

 

NO.2 ナースJJ

 

ナースJJで転職しても、お祝い金がもらえます!詳しくはこの表を参照ください!あまりないので、非常勤での採用でもお祝い金がもらえるのは嬉しいですよね!

 

1度廃止されたこのお祝い金制度が看護師応援プロジェクトとして再度復活しているのでもしかしたらまた廃止になる可能性もありそうなので注意してください⚠️

 

ナースJJ登録なしで使える転職先検索アプリがあるのと訪問看護の求人も多く扱っているので私は好きです!訪問看護の求人をあまり扱っていないところもあるのですが、日勤のみで稼げて患者さんと1対1で1時間使える訪問看護は本当にオススメです!訪問看護への転職を考えている人はこの記事も参考にしてみてください!

訪問看護師とは?オンコール対応含む実際の勤務内容を教えます!

 

No.3 セレジョブ看護

 

セレジョブ看護は20代の看護師の転職に特化した転職サイトです。初めて転職する人でも不安がないように履歴書の書き方なども教えてくれて手厚いサポートが受けられるのが特徴です!

 

私がセレジョブを使ってみていいな〜と思ったのは担当者さんがあっさりしているところ!忙しくて電話が取れない時にも何回もガツガツ電話をかけてくる転職サイトもあったのですがセレジョブの担当者さんはそれがなかった!担当者さんが男性だったのが良かったのかもしれないです!

 

キャリアの相談にも乗ってくれて、話していた中で自分が転職する際に何を求めているのかを言語化してくれたのが良かったです。レスポンスも早く、丁寧だったので本当に良かった!

 

セレジョブ上で求人を調べたりはできないので非公開の求人になるので、他のところで探してみてからセレジョブで聞いてみるのもいいかもしれないです!

 

まとめ

 

転職するのってめちゃくちゃエナジーを持ってかれて、本当に疲れますよね。でも私は環境を変えて、訪問看護を初めて本当に看護師になって良かった!と思えたし、本当の看護ってこういうことだったんだなあと思えました!

 

女の世界でめっちゃ辛いこともあって鬱になってしまう前に自分に合う転職先を探して転職することをお勧めします!

 

もう一回、看護って楽しいな、看護師続けたいな!と思えるような職場にみなさんが出会えるように応援しています!!!幸あれ!!

 

他にもアメリカに行って看護師になるという方法もあるのできになる方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

アメリカで看護師になるためには

コメントを残す