アメリカで看護師になるには〜CGFNS編〜

こんにちは!

自由を求める看護師のあかねです。

 

最近はやっと家事と育児と

勉強の両立生活に慣れてきたな〜♪

と思っていたら突如うつうつな気分で

涙が止まらない状態に😭

 

速攻旦那にHELP!!!を出して週末に育児を

ほとんど代わりにやってもらって

少し体調と気持ちが戻ってきた感じです。

 

理由を考えたときに一番の

原因だなと思ったのが

1日のスケジュール

私の場合娘が寝ているうちに勉強したい!

起きている間は育児をしっかりやりたい

という思いがあって娘と同じ時間に寝て

朝早く起きるというスケジュールで

無理して他のがダメだったんだと。

 

ちなみに19時に寝て3時半に起きる

という生活をしていました。

 

なんでも無理なく続けていくことが大事ですよね。

結構真面目な性格なので気にしいな私は

育児でも結構気にしてしまうことが多く

勉強と育児のストレスがダメだったんだなと反省。

今は無理ないスケジュールで長期になってでもいいから

緩くやろう!とペースを落として試しています。

 

でも書類は進めていかないと!

ということで重い腰を上げてCGFNSを申請開始しました!

うまくいかないCGFNS申請

 

CGFNSの申請を始めようと思って

HPを開いてやってみたのはいいものの

いろんな人がブログで紹介してくれているのを見て

勉強していたんですが、コロナの影響で

アメリカで看護師になりたい人が急増しているらしく

CGFNSのフォームが新しくなって、エラーがめっちゃ多かったです。

 

 

何回もプロフィール入力画面でエラーになって

初めからっていうのを多分30回以上やりました

・・・辛かった。

 

そしてやっと3日くらいかけてプロフィール登録まで行きました。

意味がわからない単語がありすぎて戸惑ったけど、

中学校、高校、大学、今まで働いてきたところなどを入力してやっと完成。

 

それができてから支払いに移るわけなんです!

私はNYで免許取得を目指そうと考えているので

必要なもの購入しやっとその他の応募フォームのところまできたーーー!

 

やることリスト

 

周りの方々に色々教えてもらいながら今はここまできましたが、今後やることとしては

Notary

2020/8/27 軍の基地の中のリーガルオフィスでも

Noratyもらえるとのことだったんですが

オンライン上ではもらえないとのことだったので、

onlineで済ませることに。Notaryもらうのはめちゃくちゃ簡単!

 

Notaryの取り方は前の記事をチェック!

私も8月末に終了したので実際に行った手順、

詳しい方法を載せています!

 

 

大学から資料請求

➡️成績証明、卒業証明、単位の書類

(単位の書類は大学側に書いてもらう。)

そして大学から直接CGFNSに郵送してもらう必要あり。

そのときには封筒に大学の公印を押してもらって

ちゃんと大学から出してますよってアピールしなきゃ

受け取ってもらえない。

でも単位の計算を大学がやってくれるかわからなくて

学生支援課に相談している状態。

一回電話して聞いたらとりあえず応募フォームを

メールで送ってと言われたので今は検討してもらっている状況。)

 

 

厚生労働省への英文の看護師免許発行依頼

➡️厚生労働省への英文の看護師免許発行は

籍(名簿)登録事項英文証明申請書だけで審査を通ったと
情報をもらったので私もそうしてみようと!
卒業証書の写し、もしくは卒業証明書を同封して
郵送しないといけないので卒業証書無くした私は
大学に卒業証明書発行してもらってからになるので
また時間がかかる・・・
あと、不安だから英文のやつも発行してもらって
手元に残しておこうと思う。
もし再提出しなさいって言われたら提出できるように。

私の歴史

知り合いは英文証明申請書だけでできたとのことで
結局英文証明書だけ申請しました。
ですが、現在は厚生労働省宛てCGFNSの
申請書の中に学校(大学)について記載するところがあるため
厚生労働省の担当者さんからメールで
籍登録事項英文証明申請書をメールでいいので
提出してくださいと連絡が来ました。

 

まだ始まったばかり

 

まだ始まったばかりだけど当たり前なんだがすべての書類が英語で読むだけで相当時間がかかる。そして、前例がめちゃくちゃあるわけではないので一つ一つトライアンドエラーでやっていくしかない。

道のりが長すぎて諦めたくなるけどとりあえず、毎日少しずつ前進してるよね。って自分を褒めながら頑張らねばならん。

自分の娘に、頑張ればなんでもできるってこと私を通して教えてあげたい。

私がわかることであればお答えしたいので今悩んでいる方NYへの申請だったらCGFNSの登録のところとかまではお伝えできるので連絡くださいね

では、また次は勉強方法を紹介したいと思います!

🌺インスタグラムでは毎日の勉強情報を更新しています!こちら

🌺ツイッターではNCLEXの勉強で学んだことを発信しています!こちら

質問などがありましたらツイッター、もしくはインスタグラムからDMください。

 

ママでも、英語を独学でもアメリカで正看護師(RN)になれました!
こんな悩みを抱えていませんか?

 

アメリカで看護師になりたい!

 

でも・・・

・ワンオペ育児で勉強に割ける時間がない

・初めて受けたプレテストでは合格率32%

・英語力は中学英語レベル

・勉強の仕方がわからない

・アメリカで看護師になるまでの情報が
少なすぎて何から始めればいいかわからない!

そんなあなたにの悩みを解消する本を用意しました!

 

ここからチェック

 

 

これは、アメリカで看護師になりたい!
と、

アメリカ看護師を目指す人の多くの人が
ぶつかる問題です。

 

・とりあえず参考書を買ってみたが
どんな風に勉強を進めていけばいいのかわからない

・申請方法がわからない

英語だらけで
難しすぎてやる気が出ない

結局参考書は何年も放置
何もできていない自分に
焦りと苛立ちを感じる日々・・・

 

これらの問題が起きているのは
アメリカで看護師を目指す人が少なく
今までの先人たちの情報が少なすぎることが
原因なんです!

 

最近はSNSが発達したこともあり
以前に比べて格段に
アメリカで看護師になるための
情報を得ることが
簡単になりました。

 

私もアメリカで看護師になるための情報を
発信している1人です。

 

しかし、そのほとんどが
断片的な情報で
「アメリカで看護師になりたいと
情報を集め始めたばかりの人」に
必要な時系列に沿った
申請内容、勉強方法などの
必要な要素が欠落してしまっているのです。

 

申請自体はそこまで難しくありませんが
自分一人でCGFNSの申請を通過し
受験許可を得るまでには複数の工程や
効率的にできる勉強方法が必要となります。

 

その全てをまるっと用意してくれている
サービスが少なすぎるというのが現状です。

 

私自身アメリカで看護師になりたいと
思ってから実際にCGFNSの申請を始めるまで
約4年ほど期間が空いていました。

 

しかし、本気で看護師免許取得に向け
動き始め実際に免許を取得するまでに
かかった期間は1年5ヶ月です。

 

色々な人のお話も聞かせてもらいましたし
逆に色々な方の申請の相談にも乗りました。

 

そしてやっと私自身、テネシー州での

看護師免許を取得することができました。

 

「ママでも独学でも憧れの

アメリカで看護師になる方法」

〜夢を叶えるまでの道のり〜

は、私が経験した全てが詰まっています。

 

・申請方法やどんなことでつまづいたのか

 

・色々な勉強法を試し

一番効率がよかった勉強方法

 

・ワンオペママでも勉強を継続できた

勉強スケジュール

 

・わずか3万円でカリキュラムの翻訳を終わらせた方法

など写真付きのステップで私が経験してきた

全てを書き込んでいます。

 

こちらを利用する事で

あなたが申請や勉強時間にかかる

時間をぐっと削減し

効率よくNCLEXに向けて

勉強することができます!

 

 

今回購入いただいた方のみプレゼントをお渡しします!

 

その①

私が実際にCGFNSに提出した

Break down シート

 

その②

実際にCGFNS書類提出時に

使ったカバーシート

(名前などを変更して

すぐに使えるようWordでお渡しします)

 

その③

勉強における大事なところを

ぎゅっとまとめた

アメリカで看護師になるための

パワーポイント!

 

ご購入いただいたかたは

Instagram, Twitter, もしくは

下記のフォームから

メールアドレスと

お名前を教えてください!

プレゼントをお送りします!

 

 

この本には

私の経験が全て詰まっています。

申請書類が足りず

何度も書類を送りなおしたり

シラバスの翻訳に手間取ったり

 

本当にこのままで

アメリカで看護師になれるのか?

そう不安だった私の

失敗をみなさんは

繰り返さないでください!

 

私が代わりに時間をかけ

失敗し、勉強方法を探し

効率の良い方法を見つけました。

 

みなさんのお手伝いが少しでもできれば

嬉しいです。

気になる方は

こちらからチェックしてください

ここからチェック

 

 

 

 

  

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. Natsumi Messina より:

    こんにちわ!私もNYでの看護師免許取得を決意し、先週から準備を始めたものです!書類準備やCGFNS 関連の情報をいつもブログを見ながらさせていただきとても重宝させていただいています!!しかしわからないことが多く、アメリカ人の夫や友人に聞いてもわからないことだらけなので助けていただきたく、ご連絡させていただきました。。こちらで質問させていただいてもよろしいでしょうか?返信お待ちしております!

    • wpmaster より:

      コメントありがとうございます。
      気づくのが遅くなってしまい申し訳ありません。
      私もわからないことが多く、書類も不備があったり・・・で色々大変な状況です。
      コメントだと気づくのが遅れてしまうのでTwitter、もしくはInstagramのDMをいただけるとすぐにお返事ができますのでよろしくお願いいたします。
      Twitter:@kira_kira03
      Instagram:akanenurse
      で検索していただけると幸いです。

  2. Tomoko Lavigne より:

    こんにちは、初めまして。今、色々と考えていて、CGFNS を通してハワイのRNテストを受けて何回か落ちて、NYのRNを取ろうか考えています。CGFNSは、あるんですが、MYを受ける場ももう一度CGFNS の審査が必要になるんでしょうか?

    • wpmaster より:

      初めまして。
      コメントありがとうございます。
      ハワイだとCP、もしくはCESが必要ですよね?
      NYではCVSが必要になるので多分もう一度申請が必要なのではないかと思います。私は経験がないのでどこまで書類を使いまわしてもらえるかわからないため一度CGFNSに連絡してみることをお勧めします。

コメントを残す