アメリカで看護師になるには〜U-worldの使い方〜

こんにちは、あかねです。

 

やっと先日NCLEX合格の結果が出ました🧡

本当に1年半、結構大変だったな

と思いますがこれからは

実際に働くというフィールドに行くんだな。

 

ゴールを通過したと思ったらまたゴールが先に。

人生とは本当に長距離マラソンだな〜と思います。

 

最近どのように勉強したのかを聞かれることが増えました。

そのため、私の経験が他の人の役に立てばと思い

記録に残しておこうと思います。

 

 

まずは、U-worldをどのように使ったのかについて

解説したいと思います。

 

U-worldについて

 

私はSaunders, U-world, Kaplanと主に3つ使いました。

その中でも絶対にやったほうがいいと思うのは

U-worldです。

 

U-worldはなぜおすすめなのか

 

なぜU-worldがおすすめなのか。

それは解説が充実していて、なぜ他の答えが間違えなのかが

わかりやすいからです。加えて、同じ絵が何回も出てくるので

その絵のイメージでも頭に入りやすかったです。

また、他の合格者の人にどんな教材を使ったのか

聞いたところダントツで多かったのがU-worldです。

 

実際の問題と比べても、やはりSATA問題はU-worldで

みたのと同じようなものが3問くらい出てきました。

 

U-worldの詳しい使い方

ここからは私のU-worldの使い方について

お話ししたいと思います。

私は最初U-worldがいいと聞いていたけれど、契約してから

何をどう操作していいのかわからず最初苦戦しました。

そのためどのような設定があるのかも少し紹介しながら

説明していきたいと思います。

 

まず全部で問題が2183問あります。

この問題をひたすら解いていくのですが

まずは問題に慣れるため1問1答で解いていきました。

Tutorというところにチェックを入れると答えを

入力した後すぐに解答を見ることができます。

 

そしてUnused, Subject, Systemにチェックを入れて好きな問題数を

選び、問題を解きます。

 

その後試験3ヶ月前から毎日75問解いてレビューをするというのを日課にしていました。

その時の設定はtimeを選び、

時間内で問題を解くように練習していました。

私は飽きやすいのでなるべく集中力が続くように

大体75問を1時間30分くらいで解くようなスピードで

解いていました。

 

そして試験1ヶ月前くらいには

Unusedの問題がなくなったのでincorrect

を選択し75問解くようにしていました。

間違えた問題を何回も何回も

レビューを覚えるまでやったという合格者の言葉を

信じ私も間違えた問題をひたすら解き続けました。

 

 

注意🚨

U-worldはスクショが禁止となっていますが

私はLaptop(Mac)でスクショはできました。

Ipadとiphoneでスクショしたところ、警告が出てきたので

スクショはしないようにしましょう。

 

 

 

U-worldはコピペできない

U-worldの解答をコピペしてAnkiに貼り付けられたらな・・・

と思ったのですがU-worldはコピペができないような

設定になっています。

そこで、知り合いの方が方法を教えてくださいました。

 

まず、コピペしたいところをドラッグして選択します。

選択した後に、フラッシュカードに入れるという意味の

イナズマ⚡️のマークが出てきます。

このイナズママークを押すと

フラッシュカードの中に選択した文章が出てきます。

この文章はコピペが可能なので

私はそのままAnkiという暗記カードに入れて

時間を短縮していました。

 

いちいち書き写すと時間が足りないので

この方法でぱぱっと暗記カードを作るのがおすすめです!

今度Ankiについても詳しく説明しようと思います。

 

U-worldの点数分布

私自身すごく点数にこだわっており、

点数で一喜一憂していました。

でも点数にこだわらず、しっかり覚えるという思いで

レビューを読むことの方が大切だということを学びました。

 

でも、気になる!!といつも思っていたので

私のU-world2週目の点数分布と正答率を載せておきますね。

 

2週目をしてその後に間違えた問題だけ

最後1ヶ月で解いていました。

 

勉強に力を入れ始めた9月は4割を

取ることもしばしばありました。

でもそこから徐々に5割、6割と

最後テストを受ける頃にはKaplan, Saunders

いろいろな問題を解いてみて正答率は大体

平均して5割後半〜6割でした。

 

これがテストを受ける時の私のU-worldの点数、

パーセンテージです。

 

U-worldで何点取れば合格圏内?

調べたところ、聞いたところによると

U-worldで56%正答率があると、

NCLEXへの合格率は92%のようです。

 

U-worldで平均4割だった人が合格した

という話も聞いたことがあるので

一概には言えませんが、

大まかな目安としては参考にできると思います。

 

まとめ

勉強方法について詳しく説明させていただきました。

みなさんの参考になれば幸いです!

 

次はKaplanやSaundersの使い方

ノートの取り方なども

ご紹介できるようにしたいと思います!

では、See ya!

 

🌺インスタグラムでは毎日の勉強情報を更新しています!こちら

🌺ツイッターではNCLEXの勉強で学んだことを発信しています!こちら

質問などがありましたらツイッター、もしくはインスタグラムからDMください。

 

ママでも、英語を独学でもアメリカで正看護師(RN)になれました!
こんな悩みを抱えていませんか?

 

アメリカで看護師になりたい!

 

でも・・・

・ワンオペ育児で勉強に割ける時間がない

・初めて受けたプレテストでは合格率32%

・英語力は中学英語レベル

・勉強の仕方がわからない

・アメリカで看護師になるまでの情報が
少なすぎて何から始めればいいかわからない!

そんなあなたにの悩みを解消する本を用意しました!

 

ここからチェック

 

 

これは、アメリカで看護師になりたい!
と、

アメリカ看護師を目指す人の多くの人が
ぶつかる問題です。

 

・とりあえず参考書を買ってみたが
どんな風に勉強を進めていけばいいのかわからない

・申請方法がわからない

英語だらけで
難しすぎてやる気が出ない

結局参考書は何年も放置
何もできていない自分に
焦りと苛立ちを感じる日々・・・

 

これらの問題が起きているのは
アメリカで看護師を目指す人が少なく
今までの先人たちの情報が少なすぎることが
原因なんです!

 

最近はSNSが発達したこともあり
以前に比べて格段に
アメリカで看護師になるための
情報を得ることが
簡単になりました。

 

私もアメリカで看護師になるための情報を
発信している1人です。

 

しかし、そのほとんどが
断片的な情報で
「アメリカで看護師になりたいと
情報を集め始めたばかりの人」に
必要な時系列に沿った
申請内容、勉強方法などの
必要な要素が欠落してしまっているのです。

 

申請自体はそこまで難しくありませんが
自分一人でCGFNSの申請を通過し
受験許可を得るまでには複数の工程や
効率的にできる勉強方法が必要となります。

 

その全てをまるっと用意してくれている
サービスが少なすぎるというのが現状です。

 

私自身アメリカで看護師になりたいと
思ってから実際にCGFNSの申請を始めるまで
約4年ほど期間が空いていました。

 

しかし、本気で看護師免許取得に向け
動き始め実際に免許を取得するまでに
かかった期間は1年5ヶ月です。

 

色々な人のお話も聞かせてもらいましたし
逆に色々な方の申請の相談にも乗りました。

 

そしてやっと私自身、テネシー州での

看護師免許を取得することができました。

 

「ママでも独学でも憧れの

アメリカで看護師になる方法」

〜夢を叶えるまでの道のり〜

は、私が経験した全てが詰まっています。

 

・申請方法やどんなことでつまづいたのか

 

・色々な勉強法を試し

一番効率がよかった勉強方法

 

・ワンオペママでも勉強を継続できた

勉強スケジュール

 

・わずか3万円でカリキュラムの翻訳を終わらせた方法

など写真付きのステップで私が経験してきた

全てを書き込んでいます。

 

こちらを利用する事で

あなたが申請や勉強時間にかかる

時間をぐっと削減し

効率よくNCLEXに向けて

勉強することができます!

 

 

今回購入いただいた方のみプレゼントをお渡しします!

 

その①

私が実際にCGFNSに提出した

Break down シート

 

その②

実際にCGFNS書類提出時に

使ったカバーシート

(名前などを変更して

すぐに使えるようWordでお渡しします)

 

その③

勉強における大事なところを

ぎゅっとまとめた

アメリカで看護師になるための

パワーポイント!

 

ご購入いただいたかたは

Instagram, Twitter, もしくは

下記のフォームから

メールアドレスと

お名前を教えてください!

プレゼントをお送りします!

 

 

この本には

私の経験が全て詰まっています。

申請書類が足りず

何度も書類を送りなおしたり

シラバスの翻訳に手間取ったり

 

本当にこのままで

アメリカで看護師になれるのか?

そう不安だった私の

失敗をみなさんは

繰り返さないでください!

 

私が代わりに時間をかけ

失敗し、勉強方法を探し

効率の良い方法を見つけました。

 

みなさんのお手伝いが少しでもできれば

嬉しいです。

気になる方は

こちらからチェックしてください

ここからチェック

 

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA